イベントを行うなら貸スペースを利用しよう

歓送迎会や結婚式の二次会などパーティーやイベントを開催するなら、会場探しが必要となります。貸切宴会などを探すなら、ネット上で条件をもとに簡単に会場をチェックすることができます。貸スペースを探す際には、どのような点に注目して会場を選んでいけばよいのでしょうか?最も注目しておきたいことをランキング形式でチェックしていきましょう!

貸スペースを探す時にはここに注目しよう

ウーマン
no.1

参加人数と会場の広さ

一番に注目したいのは、参加人数と会場の規模です。イベントの内容によって規模も異なってくるかと思いますが、人数に対して会場が広すぎると、閑散とした雰囲気となってしまいます。逆に、狭いとイベントの進行に支障をきたしたり、パーティーなどの場合は楽しめなくなることがあるので、注意しましょう。

no.2

予算

次にチェックしておきたいのが、会場を借りる予算です。主催者側が費用を負担するのか、参加者から費用を徴収して、それを費用としていくのかによっても、予算が異なってきます。予算を立てる場合には、参加人数を大まかには把握した上で、予算を決めていきましょう。

no.3

利便性・アクセスのしやすさ

パーティーなどの場合、おしゃれな格好をして参加する人が多くなるので、駅などからのアクセスが便利であるか?をチェックしましょう。特に参加者を多く募りたい場合などは、参加者の立場になって考えることが大切です。

貸スペースは目的ごとに業者を選ぼう

貸しスペースは、借りたい時にレンタルすることができるので、とても便利です。イベントだけでなく、仕事で必要となる事務所を貸している業者もあります。その場合には、貸事務所を専門としてレンタルを行っている業者から、物件を探すことをおすすめします。物件や借りる目的・条件によっても契約内容などは異なってきますので、事前に確認をしておきましょう。

賃貸契約について~個人契約と法人契約の違いとは?~

個人契約

賃貸個人契約は、個人で賃貸物件などを借りる際に個人名義で結ぶ契約のことで、家賃の支払いなどでは個人で行います。契約する場合には、入居者全員の住民票が必要となり、属性・連帯保証人などの内容をしっかり見ながら審査をしていきます。

法人契約

賃貸法人契約で住宅を契約するケースとして、転勤した社員の住居を確保する目的や、社宅としてマンション一棟をまるごと賃貸契約することがあります。法人契約の場合、会社が家賃の大部分を負担してくれることが多くなっています。

新大阪で貸事務所探しをしよう

[PR]
賃貸法人契約をプロがサポート
社宅を探している企業にオススメ!

貸切宴会や貸事務所などをレンタルするなら注目したいことは?

男性と女性

メリットをうまく活用しよう

貸事務所に加えて、法人契約向けの賃貸物件を案内している不動産屋などもあります。法人契約をすることで、賃貸費用や保険などを会社の経費にできるので、節税効果も期待できます。契約によるメリットを活用して、最適な方法で上手に貸スペースや物件を利用しましょう。

名古屋で会議室を借りよう

[PR]
新宿にある貸事務所を豊富に紹介☆
立地条件の良い物件を探してみよう

オフィス家具販売の専門店

[PR]
オフィスレイアウトはプロに頼もう
優良店の情報を大公開☆

賃貸オフィス・貸事務所を大公開

広告募集中